12時間で咲く不思議な桜 マジック桜
「中古車」でアマゾン検索

中古車を買う注意点-メンテナンス-ボディーコーティング

ボディーコーティング

塗装は様々な要因で、劣化していきます。泥、砂、鉄粉、SPM、DEP などで酸化し、紫外線、洗車キズなどで色あせが発生します。酸性雨、水道水、地下水、シャンプー、樹液、鳥のフン、虫の酸などで 塗装ジミが発生します。車を長く乗る上で、酸化防止効果のあるボディーコーティング商品を選ぶことも大切です。
SMPは工場などから排出されるばいじんや、ディーゼル車の排気ガスに含まれる粒子状物質など既に粒子としての性状を持つものと、窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)、塩化水素、炭化水素などのガス状物質が大気中での光化学反応で粒子化するものがあります。有機物のポリマーやWAXにこびりつきシャンプー洗いでも落ちなくなります。塗装面を素手で触ると、ザラザラとしている時はSPMが付着していると考えて良いでしょう。
DEPとはディーゼルエンジンの不完全燃焼で生じる黒煙に含まれる浮遊粒子状物質のひとつです。ディーゼルガソリン車の黒煙の量はガソリン車の30~100倍に及びます。DEPは粒子成分で直径2ミクロン以下の極微粒子を指します。その粒子は肺細胸内へ長い時間を掛け徐々に沈着するため、慢性疾恵、特に肺の発がん作用が指摘されています。
通常の塗装は鉄板をサビから守ります。そしてその塗装を守るのがクリアー塗装です。クリアー塗装は再生が利きませんので、劣化したら除去して再塗装しなきゃいけませんがその金額は膨大になります。
一般にボディーコーティングと呼んでいるものは、再生ができます。劣化しても何度でも再コートが可能で安く出来ます。塗料は、空気と紫外線で大きく劣化していきます。再生に莫大な費用が掛かる塗装を、より長持ちさせる為にコーティングが必要になってきます。

ワックスとコート剤の違い

ワックス~ 油性シリコンと植物性のロウが主成分となります。油性シリコンは水をはじき艶を出し、ロウは保護膜を形成します。欠点として、油性の酸化物なので耐久性はありませんし、紫外線に対する防御力もありません。
 コート剤~ 主な成分は種類によりガラス(ケイ素)、フッ素、アクリル、シリカなどの樹脂です。保護力に優れていますが、艶出しの効果はあまり望めません。

中古車チェックポイント

プライスボード  選ぶポイント

中古車購入時の注意

ボディー  キャビン内部  予算と諸費用  値引き交渉  購入契約と納車  その他

メンテナンス

エンジン  ガラス  コーティング

廃車手続き

廃車手続きを自分で行う

任意保険

任意保険について

中古車を買う注意点のTOPへ戻る プライバシーポリシー

inserted by FC2 system